カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 6月14日(日)サンデーライドは中止です。 | トップページ | キレイなカラーリング Livのバーテープ »

2015年6月16日 (火)

ラテックスチューブのススメ

交換すると走りが変わると言われているアイテムの代表はホイールでしょうか。
そのホイールに装着されるタイヤも効果が高いとされています。

同じく、回転部分外周部にあるものの、普段はタイヤの中に隠れて見えないチューブも実は大きな差が出ます。
高性能なタイヤを使うなら、その中にはラテックスチューブを入れることをオススメします。

2015061202_2
MICHELIN LATEX AIRCOMP A1
(左から) 
700×18/20C バルブ長:36mm
700×22/23C バルブ長:40mm
700×22/23C バルブ長:60mm
価格はすべて2,400円(税抜、1本)

チューブと思うと正直価格は高いです。
でもそれだけの効果はあります。

2015061203
一般的なチューブは「ブチル」と呼ばれる合成ゴムを使用しています。
一方「ラテックス」は天然ゴムを使っています。
ミシュランの製品は写真のようにグリーンなのでひと目でわかります。
他社製ではピンクのものもあります。

ラテックスチューブに交換すると、まず乗り心地が抜群に良くなります。
ブチルチューブより柔らかいので、タイヤの変形具合がわかりやすく、コーナーリングや下りでの安心感が増します。

重量は、極薄超軽量のブチルチューブが55g程度なのに対し、一般的なラテックスチューブは70g程度と絶対的な数値ではそこまで軽いわけではありません。
しかし、走行中はタイヤの中でつねにチューブが動いており、その動きがしなやかなので、直進時や登坂時の走行抵抗も少ない気がします。

少々大袈裟かもしれませんが、チューブを変えることで乗り味がガラリと変わります。
レース用の高級チューブラータイヤの中に入っているのは、ほとんどがラテックスチューブです(一部ブチルチューブ入りもあります)。

と、ここまでいいことばかり書きましたが、重要な注意点があります。
天然ゴムという素材の特性上、空気の抜けがブチルチューブに比べてかなり早いのです。
条件によって変わりますが、1日経つと1~2BAR空気圧が低くなります。
つまり、乗る前に必ず空気を入れなければいけないチューブと言えます。

価格は高く、空気圧管理がシビアなので、使うにはハードルが高いですが、使った人の多くが「もうブチルチューブには戻れない」と言います。
店長も先日一泊二日で出かける用事があり、出先にフロアポンプがなかったため、久しぶりにブチルチューブに入れ替えて80km×2日間走ったところ、その乗り心地の硬さに驚きました。

いいタイヤにラテックスで走りが変わります!

« 6月14日(日)サンデーライドは中止です。 | トップページ | キレイなカラーリング Livのバーテープ »

製品情報」カテゴリの記事

ミシュラン」カテゴリの記事