カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« シューズカバー要らず? カステリの冬用ウールソックス | トップページ | 新年にGARMINデビューはいかがですか。 »

2016年1月 5日 (火)

禁断の組み合わせ? ジャイアント エアロヘルメット×LOOK TTマシン

今週末の10日(日)はTT練習会に参加予定なので、久々にTTマシン乗りました。
TT(タイムトライアル)専用マシンは、普通のロードバイクとは見た目だけでなく挙動も違うので、いきなり乗ると上手く走らせることが難しいのです。
TT練習会のためのTTマシン乗車練習です。

2016010502
GIANT RIVET TEAM ISSUE エアロヘルメット×LOOK 596 タイムトライアル

ジャイアントもLOOKも完成車/フレームメーカーなので、これまでのマインドでは「?」な感じがするのが正直なところではないでしょうか。
しかし、RIVETの使用感が非常に良かったので、禁断の組み合わせ(?)で乗っちゃいました。

アタマを動かさずに乗ることができれば、みなさんがイメージする宇宙人のような後方が尖ったヘルメットのほうが空力効果が高く、タイム短縮が期待できます。
なので、TT本番はトンガリヘルメットを使います。
しかし、練習であのヘルメットをかぶるのはさすがにハードル高いですからね~。
いままでは普通のロード用ヘルメットで練習してました。
でも、このロード用エアロヘルメットならバッチリ。
空気抵抗低減効果があります(はずです)し、ヤル気になります。
ハタから見たときもカッコいいはず。

2016010503
店長が使っているのは「Alpecin」ロゴとシンボルカラーが入ったTEAM ISSUEで価格は17,000円(税抜)。
「Alpecin」ロゴの入ってないモデルもあり、価格は16,000円(税抜)。
こちらなら他ブランドの自転車と組み合わせてもOKでは?

完成車ブランドのヘルメットと言えば「ス○シャ○イズド」が有名ですが、トッププロが使用し、その効果は実証済みという点ではすでに肩を並べています。
2016のジャイアントは、「ヘルメットブランドのひとつになった」と言ってもいいでしょう。
しかも製品レベルを考えたら価格は非常にお手ごろ。
アジアンフィットモデルもラインナップされておりオススメです!

« シューズカバー要らず? カステリの冬用ウールソックス | トップページ | 新年にGARMINデビューはいかがですか。 »

製品情報」カテゴリの記事

ジャイアント」カテゴリの記事

LOOK」カテゴリの記事

ジャイアント-アルペシン」カテゴリの記事