カテゴリー

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 【定休日ライド特別編】南房総サイクリングに行ってきました~! | トップページ | カステリの冬用グローブあります! »

2016年11月11日 (金)

2017モデルのアルミロードはこれで決まり! ジャイアント TCR SLR 2 入荷しました!!

ようやく当店にも入ってきました!

GIANT TCR SLR 2
2016111101
価格:165,000円(税抜)
入荷カラー/サイズ:マットブラック・レッド/S(445mm)
※もう一色のブラック・イエロー、その他サイズも取り寄せ可能です。

2016111102
2017の新型です。
ALUXX-SLRグレードの軽量アルミをフレームに使用しています。
おおざっぱに言うと、硬い素材なのでチューブを薄くでき、結果軽くなります。

2016111103
ヘッドベアリングの上側1-1/4インチ、下側1-1/2インチを使用する「OVERDRIVE2」採用なので、カーボンモデルのセカンドグレード「TCR ADVANCED PRO」をアルミで再現したと言っていいでしょう。

2016111104
シフトワイヤー入口もカーボンモデルと同様ヘッドチューブに設けられています。
ブレーキも105!
アルミモデルだとブレーキがシマノ製ではないことが多いので、このハイスペックは貴重な存在です。

2016111105
カーボンモデルとまったく同じVARIANTカーボンシートピラーを採用。
固定機構とカバーのラバーもカーボンモデルと同じモノのようです。
リアブレーキワイヤーも内蔵タイプ。
カーボンフレームと同様形状をアルミで再現するだけでも、チューブの成型や溶接に相当な技術とノウハウが必要です。
加えて、ワイヤールーティングやシートピラーの固定がきちんと機能し、剛性と快適性をバランスさせ、さらに強度も確保しているのだからスゴイ開発力と生産力だと思います。

2016111106
クランクも105。
アルミモデルだとシマノ製でもグレード外製品だったり、シマノ製じゃなかったりすることが多いですが、ちゃんと105です。

2016111107
リアエンド部分はカーボンモデルと同様形状のアルミ製別パーツを用意し溶接。
リアディレイラーワイヤーはエンド部分まで内蔵。

2016111108
ジャイアントオリジナルのスピード&ケイデンスセンサー「RIDESENSE」(別売り)に対応。
カーボンフレームと変わらないスペックです。

重量は7.9kg(サイズM 470mmのカタログ値)。
実はカーボンフレーム+同スペックパーツのTCR ADVANCED 2と同じ重量なんです。
それで価格は16万5千円(税抜)。
ジャイアントのラインナップだとCONTENDシリーズの価格帯よりちょっと上ですが、内容を考えたら十分納得できます。

フレームは満足。
部品交換は基本必要なし。
(正直、ホイールはそれなりなのでのちのち交換すればさらに走りが良くなりますが……。)
そして何より買ったあとの後悔もなし(だと思います)。

予算が許すなら、2017モデルのアルミロードはコレで決まりです!

※写真は仮組みの状態なのでワイヤー処理などの突っ込みはナシでお願いします。

« 【定休日ライド特別編】南房総サイクリングに行ってきました~! | トップページ | カステリの冬用グローブあります! »

ショップ情報」カテゴリの記事

製品情報」カテゴリの記事

ジャイアント」カテゴリの記事

シマノ」カテゴリの記事