カテゴリー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

チャレンジ

2015年3月29日 (日)

24、25mm幅のチューブラータイヤ

現在当店が在庫しているチューブラータイヤです。

2015032907
上から
ミシュラン プロ4 25mm 価格:10,800円(税抜)/本 重量:295g
チャレンジ クリテリウム320 25mm 価格:9,800円(税抜)/本 重量:270g
ヴィットリア コルサCR 24mm 価格:13,590円(税抜)/本 重量:250g

流行のちょっと太めを集めました。
タイヤメーカーの方に話を聞くと、すでにトッププロの世界では25mm幅が主流とのことです。
従来の21~23mm幅に比べて「かえって路面抵抗が少ない」とか「トラクションがかかる」とか「速い!」とかいろいろ言われていますが、最新機材を使うトッププロはホイールもリム幅が24mm前後と幅広になったものと組み合わせていますし、何より速度域が違います。
ですから、いままでのリム幅19mm前後のホイールと組み合わせてわれわれホビーライダーの速度で走ってどれだけ速くなるかは正直よくわかりません。

しかし、幅が太くなると安定感が増します。
空気圧も低めに設定できます。
ホビーライダーでも、23mm幅と比べると、ナーバスさが薄れ、乗り心地が良くなることは実際に走ればわかると思います。
それでいて、ここで紹介した高性能タイヤであれば、太くなることで走りが重くなる感覚はほとんど感じません。
疲れにくく、脚力が削られることもほぼないので、長距離を走ると結果的には速くなるのでは?と思っています。

何より、実際使ってみると気持がいいですし、走破性は高くなるし、下りやコーナーでも安定していてラクです。
個人的にもう23mmを使おうという気にはなれません。
理由はどうあれ、プロが使っていて実績十分ですし。

まだ太めをお試しでなければ、タイヤ交換のタイミングでいかがですか。

その他のカテゴリー