カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

店長のどーでもいい話

2024年5月16日 (木)

定休日ライド(久しぶりにグリーンラインを縦走)

ここのところ雨続きだったので、約1カ月ぶりの定休日ライドでした。

走ったのは1日だけです。

2024051501

久しぶりに奥武蔵グリーンラインを縦走してみようということで、ふれあいの里たまがわまではクルマでアプローチ。

10時40分ごろ出発。

ウエアは、夏物半袖ジャージ+夏用インナー+夏物半パンツ+指出しグローブ+夏用ソックス+ソックス風シューズカバー+コットンキャップ。 

峠に行くので、ウインドベストを背中のポケットにIN。

2024051502

早速明覚駅で小休止。

ここからちょっとだけ八高線沿いの裏道。

途中からは若干走りにくいですが県道の最短ルートを進みます。

2024051503

グリーンライン入り口の鎌北湖(グリーンラインの区間には諸説あるようですが)。

ここまでダラダラ上ってきますが、この先の道中が長いので、ムリせずすでにインナーを使っています。

ここから本格的に上りです。

2024051504

宿谷の滝からの上り(左)の合流ポイント。

グリーンライン序盤のここまでが急勾配区間です。

でも、看板があるように、普通にサイクリング推奨ルートになっています。

さすが埼玉。

2024051505

上ったり下ったりを繰り返して一本杉峠。

どちらかと言うと上り基調ですね。

ここで右折して下れば甚五郎さんへまっしぐらですが、今回は直進してグリーンラインを先へ進みます。

2024051506

次は顔振峠。

ここまでも上り基調で上ったり下ったり。

2024051507

顔振峠から少し進んだところにある「ベラヴィスタ」さんが今回のお昼のモチベーションでした。

グリーンライン沿いにあるピザとパスタのお店です。

この前は何度も通っていますが、お店に寄るのは初めてです。

2024051508

グリーンラインから急坂を下ったところにお店(建物)はあります。

写真を撮って、さぁIN、と思ったら……。

カギが締まっていて入れません。

「OPEN」の看板は出ているのですが……。

そう言えば、顔振峠からここまで来るあいだに普段着っぽい服で歩いているおかあさんとすれ違ったので、お店のひとだったのかも、と思いながら、諦めて自転車を押して急坂を上り、グリーンラインまで出たところで、さきほどのおかあさんが戻って来て、やはりお店の方でした。

聞けば、前日はお客さんがだれも来ず、この日も来る気配がなかったので、峠の茶屋まで散歩に行っていたとのこと。

戻って来ていただき助かりました。

ありがとうございます。

おかあさんとお話ししながら再び急坂を下り、ようやくお店にIN。

眺めのいいテラス席を貸切状態で独り占めさせていただきましたが、そのあとハイカーのおかあさん方4人組が来店。

お客さん来てよかったです。

2024051509

森のきのこソースパスタ800円をいただきました。

メニューには載っていませんでしたがミニサラダも付いていました。

景色の良さがわかるかと思います。

2024051510

せっかくなのでオリジナルブレンドコーヒー400円もいただきました。

こちらはお菓子付きでした。

素晴らしい景色を眺めながらお茶できます。

ごちそうさまでした。

2024051511

ごはんを食べたあとのほうが道中が長いです。

猿岩林道(右)合流ポイント。

上り基調の上ったり下ったりは続きます。

2024051512

通称「山猫坂」(右)の合流ポイント。

林道「梅本線」ですね。

2024051513

ようやく刈場坂。

久しぶりな気がします。

標高818米。

ここから先は下り基調の下ったり上ったりになります。

2024051514

丸山林道=>県民の森から(左)の合流ポイントは大野峠。

2024051515

そして白石峠着。

いつもならここで右折して(写真では向かって左の道)ときがわ方面へ下るのですが、今回はせっかくなので、これまた久しぶりの堂平山までさらに2km上ります。

2024051516

堂平山からの眺め。

山頂の標高は876mとのことで刈場坂峠よりこちらのほうが高いんですね。

ここからは下るのみ。

ウインドベストを着ました。

アームカバーも欲しかったくらいの涼しさでした。

2024051517

下りの途中で定峰峠。

今回は、ときがわ側に下るのではなく、定峰までのフルフルコースにしました。

2024051518

落合まで下ったところでボトルがフラフラ動いていることに気がつきました。

止まって持参していたアーレンキーで締め直しました。

グリーンラインは路面が悪く、下りで速度が出ると衝撃が加わり緩んでしまったようです。

小川町の県道は渋滞風味。

ふもとは温かくなったのでウインドベストを脱ぎました。

小川町からは裏道経由で帰ろうと思っていたのですが、意外と時間が押していたので県道の最短ルートでBACK。

ふれあいの里たまがわの利用時間は17時までなんです。

最後は八高線沿いのいつもの道で帰還。

2024051519

16時30分ごろ帰着。

約5時間50分、約75km。

久しぶりのグリーンライン縦走は疲れました。

かつては自走アプローチで縦走したり(堂平山上りと定峰側下りはナシでしたが)、定峰から秩父側へ下って、さらに丸山林道上って戻ったり(このときはクルマアプローチ)もやったことはありましたが、いまはムリですね。

今回のルートで十分満足できました。

 

常設ページINDEX

01 細沼自転車店について

02 店主あいさつ&プロフィール

03 アクセス

04 営業時間&営業日&イベント日程

05 【お知らせ】メカニック作業は予約制です。

06 完成車在庫リスト

07 取り扱いブランド

08 【ネットショップ】細沼自転車店アウトレット

11 サンデーライド

12 ロングライド

2024年5月 7日 (火)

クリート交換

先日のサンデーライド前にシューズを履くとき、クリートが減っていることに気づき、後日交換することにしました。

こうした作業は、ライド直前などのドタバタしたときに行うのではなく、時間も心も余裕があるときに行うことをオススメします。

そのためにも機材の定期的なチェックをお忘れなく。

2024050601

減った(摩耗した)クリートです。

とくに外側が薄くなっています。

ロード用クリートの大半は、ペダル着脱によって減るというよりは、歩行や停車時の足つきによって減ることのほうが多いと思います。

ですので、あまり自転車に乗っていなくても、歩行時間(距離)が長い、ストップ&ゴーが多い場合は注意が必要です。

LOOK/SPD-SLタイプの一般的なクリート交換方法を紹介します。

いままで使っていた(減った)クリートと同じ位置に新しいクリートを付け替えるのが基本だと思います。

2024050602

減ったクリートを外す前に位置を特定できるところにガイドとなるテープなどを貼ります。

そして減ったクリートを外します。

2024050603

新しいクリートの取付ボルトのネジ部には少量のグリスをつけておくことをオススメします。

クリート周りは汚れることが多く、ネジが固着してしまうことがあるので、それを防ぐためです。

クリート交換インターバルが長くなる(同じクリートを長く使う)とネジが固着しやすくなります。

2024050604

テープなどのガイドに沿わせて新しいクリートを装着します。

ボルトはアーレンキーで回すタイプが主流だと思います。

工具の差し込みが甘いとボルトの頭をナメてしまい、ボルトが外せなくなってしまいます。

工具をしっかりと差し込んでボルトを回すように注意してください。

1本のボルトを一気に締めるのではなく、複数のボルト(この場合は3本)を均等に、少しずつ締めていきます。

ボルトの締め込みが甘い(緩い)とクリートを外すときにクリートが動いてしまいペダルから外れなくなります。

ボルトはしっかり締め込みましょう。

ただし、あまり強く締めるとねじ切ってしまうので、その点にも注意してください。

ボルトの締め込みが終われば、クリート交換も終了です。

ガイドのテープははがしたほうがいいでしょう。

もうひとつ、クリートの位置が決まっていて、微調整などをしないひと向けの方法も紹介します。

2024050605

減ったクリートを外す前に油性ペンなどでクリートの輪郭をなぞって輪郭線を描いてしまいます。

2024050606

描いた輪郭線に合わせて新しいクリートを装着します。

この方法だと輪郭線が残ってしまうので、クリートを微調整するひとには向きません。

輪郭線が残っていれば、いつも同じ位置にクリートを装着できます。

定期的なクリート交換は快適なだけでなく安全のためにも大切です。

 

常設ページINDEX

01 細沼自転車店について

02 店主あいさつ&プロフィール

03 アクセス

04 営業時間&営業日&イベント日程

05 【お知らせ】メカニック作業は予約制です。

06 完成車在庫リスト

07 取り扱いブランド

08 【ネットショップ】細沼自転車店アウトレット

11 サンデーライド

12 ロングライド

2024年4月18日 (木)

定休日ライド(逆荒川峠を堪能)

今週も定休日ライドは1日のみでした。

午後は所用があるため短めライドは今週も。

朝9時30分ごろ出発。

笹目橋の少し上流右岸から荒川INして上流へ。

ウエアは、夏物半袖ジャージ+夏用インナー+夏物半パンツ+指出しグローブ+アームカバー+ニーカバー+夏用ソックス+ソックス風シューズカバー+コットンキャップ+ネックチューブ+ウインドベスト。 

最近のセットですが、この日の気温と天気にはさすがに暑く、秋ヶ瀬橋をくぐって土手上へ上がったところでウインドベストを脱ぎ、ネックチューブを外し、アームカバーを下げました。

往路は弱い追い風基調です。

2024041611

上江橋下流側歩道を通行し、再開通した中洲の道へ。

2024041604

そうま水産川島町本店さん着は10時40分ごろ。

追い風もありましたが、右岸から再開通した中洲の道使うとここまで1時間10分で到着できました。

ずいぶんと時短になりました。

待ちは6組目。

11時開店時には20組ほどの待ちができていました。

相変わらずの人気店です。

この写真は食後に撮りました。

2024041602

三代目刺身番長ランチをいただきました。

ごはんとアラ汁を食べすぎないようにしました。

これで税込1,100円。

2024041603

今回は、自転車の方サービスのコーヒーもいただきました。

ありがとうございます。

再出発は11時40分ごろ。

復路は向かい風基調。

風が強くなってきました。

2024041605

往復とも再開通した中洲の道を通行。

上江橋の少し上流にも嵩上げポイントありました。

写真でわかるでしょうか。

2024041606

上江橋下流側歩道の東たもとに土手上の道ができつつあります。

これができると川越線の踏切からそのまま土手上の道で上江橋に直結します。

現在はまだ工事中で一部区間が砂利道でした。

この道が完成しても自転車止めの柵は必須でしょうね。

これがなかったら、出会い頭事故が頻発しそうです。

2024041607

荒川総合運動公園事務所で小休止。

自転車ラックは位置が変わっていました。

2024041608

さくらそう水門からの武蔵野線。

貨物列車を撮影できました。

柵があってよく見えませんが。

ラッキーな気分になります。

2024041609

風が強かったので彩湖はウインドサファーさんたちがいっぱいでした。

アメダス実績では5m/s超で、カテゴリーは1級相当でした。

逆荒川峠を堪能しました。

2024041610

13時40分ごろ帰着。

約4時間、60km弱。

復路は、写真撮影のためストップ多め、ちょっと遠回り、そして逆荒川峠のおかげで、往路の倍近い時間がかかりました。

まぁサイクリングですので、そんな感じです。

2024年4月11日 (木)

定休日ライド(近場花見ライド)

今週も定休日ライドは1日のみでした。

午後は所用があるためショートライド。

朝10時45分ごろ出発。

笹目橋の少し上流右岸から荒川IN。

2024041001

前日の雨で土手下の道は水の染み出し多数のため、いつもは通らない行き止まりになる土手上の道を進んで行ったら、強風でもないのに武蔵野線が止まっていました。

写真を撮る準備をしていたら、武蔵野線はゆっくり動き出しました。

このあとは、土手外の一般道を通り、水の染み出し箇所は最小限で済みました。

自転車が汚れなくてよかったです。

2024041002

4月14日(日)は、さくら草まつりのため、秋ヶ瀬橋は混雑するそうです。

通行予定の方はご注意ください。

2024041003

雨降りの次の日だったので、富士山がまぁまぁ見えました。

桜と菜の花が重なるところと思って探していたら、民家がバッチリあいだに入ってしまいましたが。

上江橋下流側歩道を渡って左岸へ。

今回は、先日再開通した中洲道路は行きませんでした。

2024041004

荒川総合運動公園で小休止ついでに、県道からのアプローチ道路横水路際の桜並木を。

2024041005

彩湖・道満グリーンパークでは撮影のみ。

幸魂大橋・桜・デローザです。

2024041006

12時55分ごろ帰還。

約2時間10分、40km弱。

遅かった桜が一気に咲いて、間に合わないかと思いましたが間に合いました。

2024年4月 3日 (水)

定休日ライド(祝 上江橋〜入間大橋再開通)

今週は週中の定休日は1日のみですので、定休日ライドも1日のみでした。

2024040201

朝9時45分ごろ出発。

笹目橋の少し上流右岸から荒川IN。

写真を撮ったところは菜の花の黄色が密集していました。

しかし、ここ以外の黄色はまばら。

秋ヶ瀬橋を越えたあたりから黄色エリアが増えてきて、治水橋を越えるといつもの感じに近くなりました。

ウエアは、夏物半袖ジャージ+夏用インナー+夏物半パンツ+指出しグローブ+アームカバー+ニーカバー+夏用ソックス+ソックス風シューズカバー+コットンキャップ+ネックチューブ+ウインドベスト。 

先日のサンデーライドと同じです。

ウインドベストは羽根倉橋の信号待ちで脱ぎました。

2024040202

この日のモチベーションは、先日再開通した上江橋〜入間大橋の中洲土手上道路の確認です。

右岸土手沿いを進み、上江橋下流側歩道を通行し、上江橋側の入り口に到着しました。

先日まであったバリケードはなくなっています。

2024040218

走りはじめると、かつての見慣れた道のように見えます。

しかし、実は少し嵩上げされて、舗装も新しくなっていました。

工事期間が長かったので、舗装はそれなりに年季入って見えましたが。

以前と明らかに違うのは、写真右手の土手法面です。

工事前は、いかにも土手法面といった感じで、イメージ45°くらいの急傾斜でしたが、工事後は写真のように緩斜面が続き、その先で急斜面になって河川敷へと落ちて行く断面になりました。

2024040206

反対側=上流から下流に向かって撮った写真がこちらです。

河川敷へ降りて行く道路の角度からも、緩斜面の台地状になっていることがわかるかと思います。

増水に負けない堤防にしたということでしょうかね。

2024040205

土手上を進んで行くと、道の高さレベルが変わるところがあります。

写真奥が上流側で、ここから先は道の高さが少し低くなります。

ここから先の上流側は、道も土手もかつてのままのように見えました。

2024040204

反対側=上流から下流に向かって撮った写真がこちらです。

高さレベルの変化がわかるかと思います。

このぶんだけ土手が嵩上げされ、これより下流側で土手法面の断面変更が行われたようです。

ここから上流側(写真手前)は、さっそく舗装がひび割れています。

2024040203

入間大橋側に到着しました。

これでまた奥武蔵方面へ行きやすくなりました。

今回はここで折り返しです。

2024040207

お昼ごはんは「一乃瀬」さん。

開店直後の11時ちょっとすぎに到着。

早くもクルマで来ている先客数名いらっしゃいました。

人気店です。

2024040208

今回は期間限定メニューがなかったので、以前から気になっていた「濃厚中華そば」860円と餃子3ケ320円をいただきました。

その名のとおり、濃厚魚系で美味しかったです。

何気に夜までお腹いっぱいになりました。

2024040209

復路は左岸経由。

一乃瀬さんからすぐの川越線踏切下流側で工事迂回がありました。

通行される方は案内看板の指示に従って安全運転でおねがいします。

2024040210

踏切では電車を見ることができました。

ついラッキーな気分になって写真を撮ってしまいます。

2024040211

治水橋の下流側土手上路面には、案内サインがペイントされていました。

この写真は、下流から上流に向かって撮りました。

土手下へ下ろすサインですが……。

2024040212

河川敷を横切って川方面に進む土手上を通って、もともと古い自転車道がある(?)西遊馬の公園へと誘導しているようです。

2024040213

さらに、こんなペイントも。

竹藪の中に一時期あった自転車道にも同様サインがありました。

森林公園が荒川自転車道の起点(終点?)ですからね。

森林公園まで行ったことはありませんが。

2024040214

こんなペイントも。

これは、荒川総合運動公園事務所の案内ですね。

なんだかこの区間だけ急にヤル気を出したみたいです。

さいたま市が設置しているんですね。

2024040215

こちらもさいたま市の荒川彩湖公園で小休止。

駐車場道路の舗装は、侵入路と公園側2レーンだけだったみたいです。

2024040216

雨が続いていたので彩湖の水位は高かったです。

2024040219

幸魂大橋で右岸に戻り、12時45分ごろ帰着。

約3時間、約45km。

天気良好。

復路はネックチューブを外しましたが、アームカバーは最後まで下げず。

復路は3〜4級程度の向かい風。

いろいろと発見ポイント多めのパトロールライドでした。

2024年3月28日 (木)

定休日ライド(久しぶりのグリーンライン)

今週も定休日ライドは1日のみでした。

2024032701

久しぶりにクルマアプローチで「ふれあいの里たまがわ」まで。

予報ではそれほど強風ではなかったはずですが、クルマ移動中にかなりの風を感じました。

アメダス実績を確認したら、8m/sオーバーで超級のさらに上。

自走で行かず正解でした。

10時50分ごろ出発。

ウエアは厚手半袖+夏用インナー+厚手パンツ+アームカバー+ニーカバー+軍手風長指グローブ+ウールソックス+ソックス風シューズカバー+コットンキャップ+ネックチューブ +ウインドベスト。

暖かいという予報だったので軽装にしましたが、風が冷たく、ちょっと涼しかったです。

2024032702

出発してすぐですが、明覚駅で写真撮影。

観光客(?)の家族連れの方たちがいたりして。

駅前駐車場はほぼ満車でした。

ここから裏道へ。

さらに県道経由。

2024032703

鎌北湖へ向かう道の途中から裏道へ入り、宿谷の滝入口へ。

ここからグリーンラインへ上ります。

2024032707

ここで熊よけの鈴オン。

ゆっくり上っても、つねに音が鳴ってくれるので気分的にラクになります。

どこまで効果があるかはわかりませんが。

2024032704

上るとさすがに暑くなってきたので、ここでウインドベストを脱ぎ、ネックチューブも外しました。

宿谷の滝アプローチも久しぶりだったので忘れていましたが、途中、平坦に近い区間もあり、やはり鎌北湖から上るよりはラク(マシ?)ですね。

2024032705

今回はサラ脚だったので、意外と苦しまずにグリーンラインへ合流。

右がグリーンライン、左が上って来た道です。

2024032706

グリーンラインを上ったり下ったりして一本杉峠着。

グリーンライン区間でもサラ脚だったため、ゆっくり上ればそれほどキツさを感じませんでした。

やはりこのエリアまで自走で来るのは、相当脚にくるんですね。

今回はムリをせず、ここから素直に下ります。

下りではウインドベストを着ました。

下った道は、意外と落下物や水の染み出しが少なかったです。

2024032708

甚五郎さん到着は13時ごろ。

個人的にデフォルトの「すみれうどん」をいただきました。

「サイクリスト百円引」で650円。

本当に申し訳ない価格です。

そして、美味しかったです。

2024032709

この日の甚五郎さんは満席で盛況。

13時20分ごろに早じまいでした。

早めに下って正解でした。

2024032710

甚五郎さんからは亀井周回逆走でBACK。

13時55分ごろ帰着。

約3時間5分、40km弱。

この日はとくに風が強かったので、欲張らず短めで終了。

宿谷の滝ルートとグリーンラインを確認できてよかったです。

2024年3月20日 (水)

定休日ライド(TCR試乗会)

定休日ライドは1日のみ。

いつもとは違い、ジャイアント新型TCR販売店向け試乗会に行ってきました。

2024031901

会場は稲城中央公園。

2024031902

ZEBRA Coffee & Croissant(ゼブラ コーヒー & クロワッサン)さんの目の前が会場でした。

多摩川沿いの自転車乗りさんたちにはおなじみのエリア&お店だと思います。

しかし、こちらは荒川沿いの自転車乗り。

はじめて行きました。

平日だったので空いていました。

2024031903

ゼブラさん(この略し方が正しいのかわかりませんが……)のメニューボード。

まぁまぁそこそこのお値段でした。

今回は見るだけの偵察で失礼しました。

2024031904

お店の横にある木を囲む柵は、自転車ラックとして使っているひともいました。

その使い方が正しいのかはわかりませんが、荒川沿いでは見たことないですね。

2024031905

さて、本題の試乗会です。

今回は3台乗りました。

TCR ADVANCED SL 0 Sサイズ(デュラエース Di2 12s+CADEX MAX 40ホイール)

TCR ADVANCED SL 1 Mサイズ(アルテグラ Di2 12s+ジャイアント SLR 0 40 フックレスカーボンホイール)

TCR ADVANCED PRO 1 Mサイズ(105 Di2 12s+ジャイアント SLR 1 40 フックレスカーボンホイール)

このラインナップで

2フレーム

2サイズ

3コンポーネント

3ホイール

の試乗ができました。

なかなか効率がいい組み合わせと自画自賛です。

各モデルのインプレッションは後日アップしますので少しお待ちください。

2024031906

今回は、いわゆる尾根幹エリアを走ってきました。

写真の道が通称「尾根幹」です。

正式名称は、「南多摩尾根幹線道路」らしいです。

知りませんでした。

2024031907

アップダウンが続く練習向けの道です(?)。

ハッキリ言って交通量は多いです。

写真のように路肩が広いところもあれば、狭いところもあります。

正直、「ゆっくりサイクリング〜」といった道ではありません。

自転車乗りの方たちを多く見かけましたが、みなさん結構いいペースで走っていました。

各モデルの試乗時間は1台40分。

このエリアはアウェーのため、1台目の試乗で道に迷ってしまい、スマホの地図で自分の位置を確認して会場へ戻ることに。

下らなくてもいい長めの坂を下ってしまったので上り返しが大変。

期せずして新型TCRの上り性能の高さを実感できました。

2024031912

ロストしたときに乗っていたモデルの次の試乗予定者は、なるしまフレンドの小畑さん(写真左)。

超有名店の超有名メカニックにして、湘南ベルマーレサイクリングチーム所属のトップカテゴリーレーサーでもあるすごいお方です。

小畑さんにご迷惑をかけてはいけないとがんばってロストから戻りましたが制限時間を20分オーバーしてしまいました。

しかし、小畑さんが遅れて到着してくれたおかげで助かりました。

写真はジャイアントで商品企画を担当する課長さんの斉藤さんに撮っていただきました。

ありがとうございます。

2024031908

このエリアは東京五輪自転車ロードレースのコースでしたね。

2024031909

オネカン戦士 稲城 ペダリオン

自転車に力を入れているエリアです。

2024031910

約35km、約1時間40分。

試乗会としては結構走ったほうだと思います。

とくに1台目ロストの上り返しで脚を使ったので、思っていた以上に乗った気がしました。

獲得標高約500mはちょっと大袈裟な気がしますが、アップダウンが多いエリアなので、トータルでは結構上っていたのかもしれません。

2024年3月 7日 (木)

定休日ライド(雨の前に近場パトロール)

定休日ライドは1日のみ。

その1日も午後から雨予報のため午前中にサクッと。

当社比ではがんばって8時30分ごろ出発。

笹目橋のちょっと上流右岸から荒川IN。

2024030501

菜の花が増えてきましたが、「一面」になるのはまだ少し先のようです。

ウエアは、冬用ジャケット(インナーベスト付き)+ やや厚手の長袖ジャージ+冬用インナー+冬用タイツ+冬用グローブ +ウールソックス+ソックス風シューズカバー+冬用耳あて付きキャップ+ネックチューブ。

先日のサンデーライドそのままです。

どんより曇って寒かったので正解でした。

羽根倉橋を渡って左岸へ。

秋ヶ瀬土手上の道を通って戻って来ました。

2024030502

荒川彩湖公園駐車場は、走路が舗装工事されていました。

駐車スペースは砂利敷のままのようです。

こちらの駐車場は、さいたま市管理で無料ですので、まぁこんな感じですかね。

彩湖・道満グリーンパークは、競艇で潤ってる(?)戸田市管理の全面舗装駐車場で、早くから有料化されています。

どちらがいいのかは「?」ですが。

2024030503

彩湖・道満グリーンパークでは3月9日(土)に「テレ玉親子ふれあいマラソン大会」が開催されるとのことです。

通行予定の方はご注意ください。

2024030504

9時35分ごろ帰着。

約1時間5分、20kmちょっと。

雨が降る前に帰って来られました。

結果的に予報(予想)よりも降り出しが早かったようなので良かったです。

実績づくりのためのショートライドでしたが、新たな発見もあり、パトロール機能も果たせました。

2024年2月29日 (木)

定休日ライド(荒川峠超級を堪能)

定休日1日目は暴風のため自転車には乗りませんでした。

2日目も予報では4m/s。

実際に走れば超級必至なのはわかっていましたが、「短い距離なら」と走ってきました。

荒川総合運動公園11時30分ごろ出発。

ウエアは、冬用ジャケット(インナーベスト付き)+冬用インナー+冬用タイツ+冬用グローブ+ウールソックス+ソックス風シューズカバー+冬用耳あて付きキャップ+ネックチューブ。

風は強いですが、気温はそこまで低くはないので、シューズカバーは軽装に、ウインドベストはなしにしました。

道中、ちょっと暑いと感じることもありましたが、概ね正解だったと思います。

走り出すとやはり体感超級の向かい風。

アメダス実績は6m/sを超えていましたので予想どおりでした。

2024022801

風が吹いていたので富士山が見えました。

写真を撮っていると風に押されて身体が動くほどでした。

ちょっと霞んでいるのは、極寒ではないのと、花粉のせいでしょうか?

2024022802

開平橋までは土手上を通りましたが、そこから先は川を外れた裏道ルート。

ボトルはカラで出発したので、榎本牧場を少し過ぎたところの自販機で補給。

はちみつの味がする気がしました。

2024022803

ホンダエアポート越しの富士山です。

吹き流しのカタチと角度で風の強さがわかっていただけるかと思います。

この前日の暴風だと、止まってる飛行機が飛んでしまいそうだな、と思いました。

このあとは太郎右衛門橋を渡り、田んぼのなかの道から県道を経て、高坂方面へ。

2024022804

この日のモチベーションは高坂の某うどん屋さんです。

おひなさまが飾ってありました。

2024022805

食後は島田橋。

風が強いので自転車は立てかけませんでした。

学習しました。

軽自動車が渡って行きました。

ここからは追い風基調で帰ります。

2024022806

指扇の川越線踏切では、ちょうど電車が通るところで写真が撮れました。

2024022807

14時55分ごろ帰着。

約3時間25分、約55km。

予想どおり荒川峠超級を堪能できたミドルライドでした。

この風だとこれくらいでいいです。

さすがに自転車乗りが少なかった気がします。

2024年2月22日 (木)

定休日ライド(9周年ライドはまさかの一乃瀬さん3週連続)

今週も1日のみのショート定休日ライドでした。

出発は10時30分ごろ。

開店9周年の日は、とにかく暖かい予報、と言うか、すでに暖かかったです。

ウエアは厚手半袖+夏用インナー+厚手パンツ+アームウォーマー+ニーウォーマー+指出しグローブ+ウールソックス+ソックス風シューズカバー+コットンキャップ。

今年初の半袖&半パン。

ウォーマーありでしたが。

笹目橋のちょっと上流右岸から荒川IN。

2024022001_20240221102501

暖かかったですが、富士山がうっすら見えました。

2024022002_20240221102501

今回の目的地もこちら。

なんと3週連続の自家製麺 一乃瀬さんです。

初訪問時、ロケーションが中途半端なんて書いてしまいましたが、ショートライドにはちょうど良いです。

11時25分ごろ到着。

2024022003

指出しグローブも今年初。

コットンキャップは先日のロングライドから。

2024022004

今回のモチベーションもこちらです。

濃厚牡蠣そば980円+大判手包み餃子3ヶ320円=1,300円(税込)

限定の濃厚牡蠣そばが終わらないうちにもう一度、ということで、3週連続で通ってしまいました。

今回は暑かったので、アームウォーマーを下げて、汗かき(拭き)ながら食べました。

美味しく食べられて満足です。

一乃瀬さん出発は12時ごろ。

2024022005

往路も復路も前週と同じ。

さくらそう水門では怪しい撮影をやっていたので、いつもとは違うところで写真撮影。

撮影のためクランクとホイールの位置を調整していたら、チェーンが外れてしまいました。

アウター×ローでクランク逆回転は要注意です。

2024022006

13時ごろ帰着。

約2時間30分、40km弱。

コース、行ったお店、食べたもの、すべてなんのヒネリもなく、前週とまったく同じ。

気温はさらに高くなって、ウエアも変わりましたけれど。

アームウォーマーは復路途中で下げたので、本当に今年初の半袖でした。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

!CYCLES Aggressive Design ASS SAVERS bello cyclist CADEX CHAPTER 2 Chunadon Cycle Chaps CYCLE PRO EXLUB FOURIERS FSA grunge HIRAME IRC KASK KOKORO CARE KOOFU LEZYNE Liv LOOK Mag-on MET MOST PRO PROVIZ RIDE LIKE KING ROTOR selle italia SHAKES SIDI SILCA SOLESTAR STAGES Tacx tate Team Rough River TIFOSI TIME TOKYO BELL TOP SPEED U-LIX uvex VIVA WHEELTOP ZIPP ぷっかぁ~ アスチュート アピス イベントレポート イベント情報 インプレッション イーストン ウエイブワン エリート オルベア オージーケーカブト オーストリッチ カステリ カペルミュール カンパニョーロ ガーミン キャットアイ ギザプロダクツ クラフト クランクブラザーズ グロータック サイクルスポーツ サイクルモード サイクルロッカー サプリメント サポ サンデーライド サーモス サーヴェロ シクロワイアード シマノ ショップ情報 シルバ シーコン ジャイアント ジャイアント-アルペシン スコット スパカズ スラム ゼファール ソーヨータイヤ タイオガ ダイワボウプログレス チネリ チャレンジ デダエレメンティ デローザ トピーク ドイター ナリーニ ニチナオ ニッコー バイシクルクラブ パナレーサー パワープロダクション パークツール パールイズミ ファイントラック フィジーク フィニッシュライン フルクラム ベル ホルメンコール ポラー ポラール マルト ミシュラン メディア露出 レイザー レックマウント ワコーズ ヴィットリア ヴィプロス 店長のどーでもいい話 自転車学校 製品情報 解説