カテゴリー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

シーコン

2015年11月10日 (火)

ツール・ド・おきなわ 行ってきました!

11月7日(土)~9日(月)は臨時休業させていただき、ツール・ド・おきなわ市民レース100km視察・参戦に行ってきました。
残念ながら今年はチームラフリバーからの出場は店長ひとりでしたが、来年はぜひチームメンバーのみなさんと一緒に参加したいですね~。

レース前日
11月7日(土)

この日は移動、受付、レース前準備の日です。
朝の飛行機で沖縄入りします。

2015111002
店長は飛行機での自転車運搬に「シーコン」の輪行バッグを使っています(写真手前)。

シーコン エアコンフォートプラス 価格:62,000円(税抜)
ペダルとホイールを外すだけで収納可能。
ハンドルやサドルはいじらずに済むのでポジションが変わる心配がありません。
荷姿は大きめですが、キャスター付きで転がして行けるので移動は比較的ラクです。
※写真は旧型製品です。

2015111003
沖縄に着いたらレンタカーで移動するのが効率的です。
レンタカーの借り方、使い方にもノウハウがありますが、ここではヒミツです。

2015111004
今回は好天に恵まれました。
これまで何度も来ていますが、海の色が一番キレイだったような気がします。

気温は高く、29℃くらいあったようです。
暑さ対策、脚つり予防が必要でした。

2015111005
前日は、那覇でレンタカーを借りて名護まで移動→せっかくなので地元料理で昼食→受付→140kmと100kmの部はさらにオクマまで移動→ホテルにチェックインして自転車組み立て→自転車の走行確認&試走とイロイロあります。
写真は試走が終わったところで暗くなってしまいました。
夕食後は、翌日のレースに向けて、ウエアにゼッケン貼り、補給食&ドリンクの準備なども必要です。
これらをスムーズかつ効率よく行うにも経験がモノを言います。


レース当日
11月8日(日)

100kmの部はスタート地点が離れています。
早朝に荷物と自転車を運搬トラックに預け、自分たちはバスで移動です。
店長は100kmに出るのが今回最初でしたので、この流れをしっかり確認して来ました。

2015111006
スタート地点にはスタート予定時刻の2時間以上前に到着。
自転車も無事トラックで運ばれて来ました。
今回は写真の仕様。
LOOK 695モンドリアン+カンパニョーロ ボーラ50mmの組み合わせです。

2015111007
スタート地点に自転車を並べて待ちます。

ツール・ド・おきなわは、プロが参加する国際レース210km、市民レースの210km、140km、100kmがコースの大半を共有して走ります。
タイムスケジュールによれば、国際レースが通り過ぎたあとに100kmがスタートするはずでした。
しかし、国際レースの進行が遅く、そのすぐあとに市民の210kmや140kmが続いてしまいました。
結果、店長がエントリーしている市民100kmオーバー40は予定時刻の30分後にスタートすることに。

2015111008
ようやくスタートラインに並びました。
このあとスタート!

スイマセン。
真面目に走っていたのでレース中の写真はありません……。

一般公道を使って長距離を走るレースは最高です。
地元のみなさんが沿道に出て応援してくれます。
ツール・ド・フランス気分が味わえます。
でもコースはキツいです……。

2015111009
スタート時間は遅れましたが、一般公道を交通封鎖できる時間は限られており、関門時間は変わりません。
30分の余裕カットはいかんともしがたく、60km地点の関門でDNFとなりました。
店長が参加した100kmオーバー40は340名ほどが出走し、完走できたのは82名。
完走率4分の1以下という厳しいレースでした。
とは言え、完走できている人はいるわけで、練習不足でした。

レース後は、フィニッシュ地点で表彰式が行われ、食べ物、飲み物がふるまわれます。
そして参加者各自が夜は反省会の名の打ち上げです。


レース翌日
11月9日(月)

レース当日でも急げばその日のうちに帰って来ることは可能ですが相当にあわただしくなります。
せっかくですからもう一泊して、翌日は沖縄の名所を見てみましょう。

店長はすでに10回くらいツール・ド・おきなわに参加していて、行くたびにいろいろ見ています。
しかし、レースで走る北部は行ったことがありませんでした。
そこで今回は北端の辺戸岬に行ってみました。

2015111010
辺戸岬はとても素晴らしい景色のところです。
毎年、すぐ近くをレースで通っているのに知りませんでした。
見る価値あります。

2015111011
辺戸岬の近くにある「大石林山」というところにも行きました。
自然にできた尖った岩山でパワースポットとのこと。
こちらも見応えありました。

2015111012
おおきなガジュマルの木もあり、その生え方がわかって勉強になりました。

ほかにも沖縄にはいろいろ見るところがあります。
興味ある方は店長まで。

ツール・ド・おきなわは一年間の目標にする価値のあるレースイベントです。
来年はチームラフリバーのターゲットレースにして挑戦しましょう!

2015年4月24日 (金)

ワンタッチ脱着サドルバッグの定番 シーコン

【お知らせ】
今週末の土曜日25日は15時閉店とさせていただきます。
週末の営業時間短縮でご迷惑をかけます。
なにとぞご了承ください。


シーコンはサドルバッグで有名なイタリアのブランド。
最新のラインナップはアクセントカラーが効いているモデルが揃っています。

2015042401
エラン210フルオ 価格:2,520円(税抜) カラー:オレンジ、グリーン、イエロー 容量:210cc
携帯工具など必要最小限の荷物収納用。
軽さ、コンパクトさを優先し、ベルクロテープでサドルに固定。

2015042402
ヒポ550フルオ ローラー2.1 価格:4,400円(税抜) カラー:オレンジフルオ、グリーンフルオ(写真のほかにイエローフルオもあり) 容量:550cc
携帯工具、スペアチューブなどが収納可能。
タイヤレバー2本付属。
サドルへの固定機構は「ローラー2.1」。

2015042403
フルオ(蛍光)カラーのアクセントが入っていないモデルもあります。
(左)ピンローラー695 2.1 価格:2,950円(税抜) カラー:ブラック 容量:695cc 収納力をアップしたモデル。リフレクターテープ付き。
(中)ヒポ550 ローラー2.1 価格:3,750円(税抜) カラー:ブラック(写真のほかにホワイトもあり) 容量:550cc
(右)エラン210 ローラー2.1 価格:2,750円(税抜) カラー:ブラック(写真のほかにホワイトもあり) 容量:210cc
この3モデルは、タイヤレバー2本付属、サドルへの固定機構は「ローラー2.1」。

2015042404
シーコンの特徴は「ローラー2.1」という機構があること。
サドルレールにブラケットを装着しておくとサドルバッグを90°ひねるだけのワンタッチで脱着できます。
今回紹介した商品では、エラン210フルオ(1枚目の写真)以外のモデルに採用されています。

2015042405
サドルレールへの装着は工具不要でカンタン。
赤いダイヤルを回して固定するだけです。

2015042406
サドルバッグを装着したときの見た目もスッキリ。
しっかり固定されるので、通常の振動では脱落することはありません。
(必要以上に強い衝撃が加わると脱落する可能性はありますが……)

シーコンのサドルバッグは店長も長い使用歴があります。
容量、デザインのバリエーションが豊富。
なによりワンタッチで脱着できるのが便利。
サイクリストなら、一家に一つのアイテムです。

その他のカテゴリー