カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

フルクラム

2016年12月 5日 (月)

フルクラム 2017カタログ差し上げます!

FULCRUM HIGHLIGHTS 2017 JPN
2016120204
フルクラム 2017 日本語版カタログ
店頭にて差し上げます。
お声がけください。

中身は……
2016120205
製品紹介はもちろん

2016120206
テクノロジー解説もかなり詳しく載っています。

カタログ見ながら妄想するのは楽しいですよ~。

2016年9月24日 (土)

LOOK 795 LIGHT PROTEAM納車!

「これ以上ない!」というくらい素晴らしい自転車をつくることができました!

LOOK 795 LIGHT PROTEAM
2016092401
フレームセット価格:649,800円(税抜)
来週にはLOOK 2017の展示会があるのですが、こちらは2016モデルです。
まるまる一年お待たせしちゃいました。
何を待っていたかと言うと……。
2016092407
162.5・165・167.5mm仕様のZED3クランク(別売りオプション)です。
フレーム、クランクとも3カ月ほど前に入荷していたのですが、組みつけペースがゆっくりだったり、部品の入荷待ちがあったり、オーナーさんの来店タイミングがなかったりで納車まで時間がかかってしまいました。

2016092402
おもなパーツ構成は、デュラエース Di2(9070)、フルムラム スピード(クリンチャー)、ヴィットリア コルサ 25C、フィジーク アリアンテ R1といったところ。

2016092404
LOOKのADHカーボンエアロハンドルバーは795付属のエアロステムとの形状マッチングがピッタリ。
レックマウントのLOOKエアロステム専用ガーミン用マウントを装着しました。
コンパクトなエッジ 25Jがここに載ります。
心拍計測はvivosmart HR Jで行います。

2016092403
トップチューブからステムにかけてのラインが美しい!
フィジークサドルのブレイデッドカーボンレールは縦方向に長いのでLOOKのE-POST2にはそのままではつきませんが、ちょっとモディファイして取り付けました。

2016092405
ボトルケージも当然LOOKのカーボンふたつ。

2016092406
ペダルはLOOK KEO BLADE 2 Cr(クロモリアクスル) 30th Anniversaryを選択しました。
縁起モノみたいな感じですね。

すべて妥協ナシのパーツアッセンブルです。

恒例の重量計測結果は……。
2016092408
写真の仕様で7.1kg。
メチャ軽というわけではありません。
ちょっとハイトが高めの40mmクリンチャーリムと思えば妥当なところでしょう。

オーナーさんからは店舗前のチョイ乗りで「まったく走りが違う!」との驚き評価をいただきました。
このスペックなら、そりゃぁ異次元の世界です。

来週には2017モデルのLOOKもご紹介できると思います。
お楽しみに!

2016年8月23日 (火)

SCOTT FOiL 10(HMF)納車しました!

カッコいい自転車を組みました!

SCOTT FOiL 10(HMF)
2016082301
フレームセット価格:320,000円(税抜)
サイズはL/56cm!
さらにシートピラーがこれだけ出ています。
まるで選手の自転車ですね~。
うらやましい。

2016082302
コンポーネントはアルテグラ。
ハンドルは使いやすいカーブのデダ ゼロ100です。
フレームのロゴカラーに合わせフィジークの蛍光色バーテープを巻きました。
ホイールはオーナーがこれまで使っていたフルクラム レーシング・クアトロを継続使用。
※サドルもオーナー所有のもので当店での取り扱いはありません。

2016082303
FOil(フォイル)といえばエアロロード。
フレームの各チューブは涙滴の後方を切り取った断面形状になっています。

2016082304
ステムもエアロの専用品。
ただし後方はカバーなので構造は一般的なアヘッドステムと同じ。
高さ調整も可能です。
リアブレーキと前後シフトワイヤーはまとめてダウンチューブ上方から内蔵されます。

2016082305
シートポスト固定部分からシートステイにかけてはとてもスッキリ。
リアブレーキはBB下に取り付けられるダイレクトマウントタイプです。

2016082306
エアロロードではありますが、オーナーの「上りもラクに」というご要望によりロー32Tのスプロケットを装着。
これに合わせリアディレイラーもロングケージに。
フロントチェーンリングは50-34Tなので急坂でも安心です。
平坦はエアロで、上りは軽いギヤ比で走破。
走るコースを選びません。

恒例の体重測定結果は……。
2016082307
ペダルなし状態で7.79kg。
Lサイズ、前後で1,725g(カタログ値)のホイール、32Tのスプロケ、そこそこ重量があるサドルを考えるとまだまだ軽量化の余地はありますがいい数字です。

2016年1月27日 (水)

これ一本ですべてOK! フルクラム スピード40T カーボンチューブラーホイール

フルクラムの2016新型ホイール「スピード40T」を先日の展示会で確認してきました。

FULCRUM SPEED 40T
2016012701
フロント

2016012702
リア

上下が引っくり返った写真でスイマセン。
カンパニョーロ/フルクラムのホイールは、タイヤを装着したときに重量バランスがとれるように、バルブホールの反対側が少し重くなっているので自然とこうなってしまうのです。

キレイに写っている広報写真でご紹介しましょう。

2016_speed_40t_front_mask
フロント 重量:525g スポーク:18本

2016_speed_40t_rear_mask
リア 重量:688g(シマノボディ)、683g(カンパニョーロ) スポーク:7+14本(2 to 1)

2016_speed_40t_hub_front
フロントハブ
ハブは前後ともにカーボン製ボディにアルミ製フランジの組み合わせ。
もちろん前後ともに「CULT」(Ceramic Ultimate Level Technology)ベアリングを使っているので回転は他の追随を許さないスムーズさです。
スポークはステンレス製のエアロ断面で空力に優れています。

2016_speed_40t_hub_rear_mask
リアハブ
フリー側のフランジはオーバーサイズ(大径)になっていて、スポークの角度を少し緩やかにすることで横剛性を上げています。
スポークの組み方は、フリー側2本に対し、反フリー側は1本の「2 to 1」(2:1)で、これも横剛性に有利。
シマノ用フリーボディ(写真)はP.O.E.(プラズマ電解酸化)表面処理されており、アルミ製で溝が低くても十分な強度(硬度?)になっています。
この辺はちょっとムズカシイ話かもしれませんので、詳しくは店頭にてご説明します。

2016_speed_40t_rim_closeup_mask
リム ハイト:40mm 幅:24.2mm チューブラー用

2016フルクラムのラインナップで残っている「レーシング・スピード」シリーズのホイールはワイドリム化されていませんが、スピード40Tはワイドリム化されました。
ブレーキ面は3Diamant処理されており、カンパニョーロ/フルクラムの赤いカーボンリム用ブレーキパッドとの組み合わせで優れたブレーキ性能を発揮します。

フルクラムを展開するカンパニョーロのBORA ULTRAはリムハイトが35mmと50mm(80mmもありますが……)。
スピード40Tは、幅はBORA(ボーラ)シリーズと同じ24.2mmのワイドリム、ハイトはボーラにはない40mmに設定して差別化を図っています。

40mmハイトならエアロ効果は十分。
重量は前後で1,213g(シマノボディ)と軽いです。
高速からヒルクライムまでこの一本(1セット)でこなせます。
チューブラータイヤは扱いにくいイメージがあるかもしれませんが、きちんと管理すれば週末サイクリングの普段使いでも問題ないと思います。
走り(進み)、グリップ、快適性の良さは高性能チューブラーの利点です。

気になる価格がようやく発表されました。
前後で395,000円(税抜)。
決して安くはありませんが、中身を考えるとこんなもんでしょうか。
デリバリーは3月中旬ごろからの予定。
ただいまご予約受付中です。
2月11日(木)までにご予約いただければ早期購入特典あります!

2016シーズンは新城幸也選手が新たに加わったランプレ・メリダがスピード40Tを使用します。
プロ用ホイールですが、ホビーが使えばラクに速く走れます!

2015年11月21日 (土)

FULCRUM RACING ZERO CARBON スペシャルオファー

このページで紹介した商品は成約いただきました。
ありがとうございます!
(2015年11月23日)

====================

2016モデルの製品がいろいろ入って来ています。
本日はヘルメットが大量入荷しました!
(「大量」の定義は当社比です……)

展示スペースがなくなってきましたので大物商品を旅立たせることにします。

FULCRUM RACING ZERO CARBON
(フルクラム レーシング・ゼロ・カーボン)
2015112103
価格:260,000円(税抜定価、前後) 重量:1358g(カタログ値) スポーク:前16本、後21本 リム:高さ30mm、幅24mm

クリンチャー用のカーボン製リムにエアロ断面のアルミ製スポークを組み合わせた最先端スペックのホイールです。
カーボン製リムにより外周部が軽くなり、アルミ製スポークはホイールに剛性と一体感をもたらします。
これらにより、加速や登坂性能に優れ、下りやコーナーでも安心感があります。
専用パッドを使用することでブレーキ性能も高いです。

シマノ用フリーボディの店頭在庫に限り、特別条件で販売します。
特別条件は店頭にてお尋ねください。
ここには書けません……。

気になって狙っている方は多いホイールです。
いまがゲットするチャンス!

2015年7月31日 (金)

フルクラム レーシングゼロカーボン入荷!

【お知らせ】
明日8月1日(土)は17時で閉店します。
いたばし花火大会が開催され、当店付近が交通規制になり、混雑するためです。
なにとぞご了承ください。

====================

ついに当店にもやってきました!

2015073101
FULCRUM RACING ZERO CARBON

2015073102
価格:260,000円(税抜) 重量:1,358g(ペア)
今回入荷したのは、クリンチャーのシマノボディモデルです。

2015073103
ベアリングは「USB」=「Ultra Smooth Bearings」。
セラミック球を使用していて回転が滑らか。

2015073104
シマノ用のフリーボディは、PEO(プラズマ電解酸化)処理が施されており、旧タイプよりも40g軽量とのことです。
白い表面がその証。

2015073105
カーボン製のクリンチャーリムは幅広の17C。
25Cタイヤの装着が推奨されます。
スポーク穴はありません(写真で見えているのはバルブ穴です)。

カーボンリムとアルミ製扁平スポークの組み合わせはこれまでにない構造(だと思います)。
全体のカッチリ感と外周の軽さがひとつになりました。
これを装着すれば、走りが変わることは間違いなし。

いままさに旬のホイールです。

2015年7月29日 (水)

フルクラム レーシング クアトロ カーボン

カンパニョーロ・フルクラムのテクニカルセミナーに参加してきました。
そこで発表された新製品がこれです。

2015072901
FULCRUM RACING QUATTRO CARBON 価格:210,000円(税抜) 重量:1,555g(前後)

2015072902
カーボンクリンチャーモデルです。
リム幅は17mm(外側24mm)と最新トレンドの幅広で、25Cタイヤとの組み合わせが推奨されています。

ハイトは40mm。
エアロ効果も期待できます。

ブレーキ当たり面はカンパニョーロ ボーラシリーズのように3 Diamant処理が施されているので制動力、コントロール性ともに良好と思われます。

デリバリーはまだ少し先のようです。

その他のカテゴリー