カテゴリー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ドイター

2015年9月29日 (火)

deuter取り扱い開始!

ドイツのバッグブランド、deuter(ドイター)の取り扱いを開始しました!

入荷したのは……。

2015092801
Cross Air 20 EXP(左) 価格:12,500円(税抜) 容量:20+4ℓ カラー:スプリング-ブラック(写真)、ファイヤー(レッド)-ブラック

Race EXP Air(右) 価格:11,000円(税抜) 容量:12+3ℓ カラー:ブラック-ホワイト(写真)、オーシャン(ブルー)-ホワイト、ファイヤー(レッド)-ホワイト

自転車用に特化したリュックサックです。
すごいところは背中に接する部分にあります。

2015092802
Deuter Aircomfort FlexLite System(ドイターエアコンフォートフレックスライトシステム)

背中に接するのは、通気性のいいメッシュパネルです。
リュックサック本体は、たすき掛け状に配された金属製の2本のアーチによって、メッシュパネルから浮き上がっています。

2015092803
横から見るとこんな感じ。
背中にはメッシュパネルが接触しますが、リュックサック本体とは隙間ができるので、通気性は他の追随を許さない抜群さ。
メッシュパネルは背中にピッタリとフィットします。
通気性を追い求めた結果、背負い心地も非常に良好です。

ただしデメリットもあります。
リュックサック本体は金属アーチによって凹んでいるので、平たいモノ、たとえば書類とかPCは正直少し入れにくいです。
しかし、これも自転車に特化したためです。

レーパンのパッドは自転車から降りるとモゾモゾします。
立体裁断のジャージは前傾姿勢でないと突っ張ります。
ロード用シューズとクリートは歩きにくい。

この背面システムを採用しているリュックサックも同じ。
自転車に乗っているときは、通気性、フィット感ともに素晴らしいのですが、モノを入れるには若干の使いにくさもあるということです。

「何を重視するか?」ですが、「自転車に乗って背負うならコレ」と自信を持ってオススメできます。

その他のカテゴリー