カテゴリー

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

シマノ

2023年11月18日 (土)

シマノカレンダー2024入荷しました!

毎年恒例(?)シマノカレンダーの2024年版が入荷しました。

2023111801

当店で10,000円(税込)以上商品お買い上げの方に1部プレゼントいたします(おひとり様1部(1回)限りとさせていただきます)。

また、1部550円(税込)で販売もいたします。

プレゼント、販売とも、なくなり次第終了です。

ほしい方はお早めにご来店ください。

2023111802

2024年版は写真をベースに、イラスト風に画像加工したデザインです。

ご来店お待ちしています。

2023年10月30日 (月)

シマノ ロードバイク用リア11段変速対応ホローテックII(中空)クランク無償点検につきまして

シマノ ロードバイク用リア11段変速対応ホローテックII(中空)クランク無償点検につきまして、当店の対応をご案内いたします。

シマノ発表の無償点検プログラム詳細はこちらをご覧ください

当店(細沼自転車店またはジャイアントストア板橋)から直接ご購入いただいた以下対象モデル(完成車装着または部品販売)は、当店にて無償点検を実施いたします。

※当店から直接ご購入いただいたお客様ご本人に限ります。譲渡された場合などは無償点検をお受けしていません。なにとぞご了承ください。

対象モデル

・2019年6月30日までに製造された製品が対象です。

確認方法についてはこちらをご覧ください

Photo_20231027172001

ULTEGRAシリーズ

・FC-6800

・FC-R8000

DURA-ACEシリーズ

・FC-9000

・FC-9100

当店での無償点検手順

・点検はご予約にて承ります。あらかじめお電話(03-6454-9152)またはご来店にてご予約をおねがいいたします。

※ご予約日程はご希望に添えない場合があります。余裕を持った日程でのご予約をおねがいいたします。

・点検は約1週間お預かりで作業いたします(週末預かり=>次の週末お渡しが基本です)。

・点検の結果、交換が必要となった場合、その時点からシマノへ代替品を手配しますので、さらにお預かり期間が長くなります。あらかじめご了承ください。

※シマノで代替品が欠品している場合、お預かり期間が長期化する懸念もございます。この点につきましてもあらかじめご了承ください。

無償点検に付随する作業(チェーンリング洗浄または交換、ULTEGRAシリーズの左クランク洗浄(ULTEGRAシリーズは右クランクのみ洗浄・点検します)、BB交換など)は別途有償にて承ります。ご相談ください。

みなさまのご協力をなにとぞよろしくおねがいいたします。

2023年9月20日 (水)

【GIANT2024】Di2+カーボンホイール DEFY ADVANCED PRO 1

ジャイアント2024モデルでフルモデルチェンジしたエンデュランスロードの「DEFY(ディファイ)」。

105 Di2 12速コンポーネントに加え、カーボンホイールも最初からついているモデルがこちらです。

DEFY ADVANCED PRO 1

2023091601

価格:638,000円(税込)

カラー:ユニコーンホワイト

展示会で現物を確認してきました。

先に紹介したDEFY ADVANCED 1に対し、わかりやすいところでは、ホイールがGIANT SLR 1 36 Hoockless Carbon=いわゆるカーボンホイールになっています。

価格差は165,000円(税込)。

GIANT SLR 1 36 Hoockless Carbonホイールの販売価格は187,000円(税込)です。

DEFY ADVANCED 1を買って、あとからホイールをグレードアップするなら、最初からカーボンホイールがついているDEFY ADVANCED PRO 1のほうがお得です。

ホイール以外にも「PRO」になると違いがあります。

フロントフォークは、DEFY ADVANCED 1はADVANCEDグレードですが、DEFY ADVANCED PRO 1は上位グレードで軽量&高剛性のADVANCED SLになります。

フォークコラムも大径かつステム固定部分がD型断面化されたOverDrive AEROとなり、ヘッドベアリングの直径も大径になっています。

乗り心地重視のDEFYで、「そんなに剛性高めてどうする?」という気がしないでもないですが、最上位グレードのDEFY ADVANCED SLに使用されているものなので、乗り心地には配慮されていると思いますし、ハンドリングが良くなって、安定感も向上するのではないかと想像します。

シートポストは、ヤグラの下の部分がえぐれた形状のD-FUSE SL Compositeになり快適性が増しています。

この形状だと、シートポストをあまり下げられないので、サイズ選びの際には注意が必要です。

細かいところでは、ディスクローターがDEFY ADVANCED 1は非シマノの6ボルト固定式なのに対し、DEFY ADVANCED PRO 1はシマノ製のセンターロック式でフレが出にくいタイプになっています。

BBはどちらもシマノ製ですが、DEFY ADVANCED PRO 1のほうがグレードが1つ上であることをスペック表で確認しました。

このように、DEFY ADVANCED 1からDEFY ADVANCED PRO 1になると、カーボンホイール以外にもいろいろと変化があり、基本的には性能が良くなる方向です。

60万円オーバーの価格は絶対的には高いですが、Di2に加えてカーボンホイールも欲しいならば、相対的にはお得なモデルと言えるのではないでしょうか。

予算に余裕があれば、こちらを選ぶ価値があると思います。

ご注文受付中です。

カラーとサイズの組み合わせにより納期が異なります(2023年9月20日現在)。

詳しくはお問い合わせください。

商品画像はこちら。

00000023_l

ご注文お待ちしています。

2023年9月19日 (火)

【GIANT2024】105 Di2 12速 DEFY ADVANCED 1

ジャイアント2024モデルでフルモデルチェンジしたエンデュランスロードの「DEFY(ディファイ)」。

105 Di2 12速コンポーネントを使用しながら比較的買いやすい価格のモデルがこちらです。

DEFY ADVANCED 1

2023091506

価格:473,000円(税込)

カラー:チャコール

展示会で現物を確認してきました。

カラーとコンポーネント以外は先に紹介したDEFY ADVANCED 2と同じです。

変速が機械式(ワイヤー引き)からDi2(電動)になり、クランクも非105のシマノ製12速用から105 12速用になっています。

価格差は99,000円(税込)。

絶妙な価格差です。

機械式コンポーネントの自転車を買って、あとからDi2化したらこの価格差では済みません。

とは言え、約10万円も高いなら、予算を抑えて同じ12速を使える機械式で十分という買い方はアリでしょう。

電動コンポーネントは、使った方の多くが「一度使うともう機械式には戻れない」と言うほどラクなアイテムです。

長距離を走って疲れたときに、その効果をとくに実感します。

快適性を追求するDEFYの特性に電動コンポーネントは合っていますし、オススメできます。

予算に余裕があれば、こちらを選ぶ価値があると思います。

ご注文受付中です。

すでにメーカー在庫ありますので、ご注文後2週間程度でお渡しできるかと思います(2023年9月19日現在)。

商品画像はこちら。

00000024_l

ご注文お待ちしています。

2023年9月18日 (月)

【GIANT2024】Di2+カーボンホイール+パワーメーター TCR ADVANCED PRO 1 DISC SE

ジャイアントの2024モデルが発表されました。

オールラウンドロードのTCRに、105 Di2 12速コンポーネント、カーボンホイールに加え パワーメーターも最初からついている特別モデルが追加されました。

TCR ADVANCED PRO 1 DISC SE

2023091707

価格:616,000円(税込)

カラー:ダークイリディセント

展示会にあった自転車はコンポーネントが違っていました。

写真はカラーリングの参考に見てください。

モデル名の「SE」は「Special Edition(スペシャルエディション)」=「特別仕様」的な意味合いです。

何が特別かと言うと、ジャイアントが独自に開発した「POWER PRO(パワープロ)」というパワーメーターがついています。

このモデルについているPOWER PROは、シマノ 105 12速用クランクにジャイアントがセンサーをつけたもので、左右のクランクでパワー計測ができます(別途、対応するサイクルコンピューターが必要です)。

105 12速用のPOWER PROは今回初登場です。

パワーメーターと言うと「ガチなレース向け機材」というイメージがあるかもしれません。

しかし、一般のホビーライダーでも自分のパワーがわかれば楽しいですし、上り坂や向かい風などでオーバーペースを防ぐ目安にもなります。

「必須」とまでは言えませんが、あったら役立つ装備です。

POWER PROなしで同仕様のTCR ADVANCED PRO 1 DISCの価格は572,000円(税込)。

価格差44,000円(税込)で左右計測のパワーメーターがついてきます。

これはお買い得です。

基本的なところでは、Di2とカーボンホイールも最初からついています。

いわば「全部載せ」的なモデルです。

60万円オーバーの価格は絶対的には高いですが、全部載せの内容を考えれば、相対的にはお得なモデルと言えるのではないでしょうか。

予算に余裕があれば、選ぶ価値があると思います。

と、ここまで「推し」の紹介をしておきながら、Sサイズ(適応身長:165〜175cm)が早くもメーカー完売になってしまいご注文を受けられません(MLサイズ(同:180〜190cm)は設定がないようです)。

XSサイス(同:155〜170cm)とMサイズ(同:170〜185cm)はご注文可能です(2023年9月18日現在)。

納期についてはお問い合わせください。

商品画像はこちら。

00000009_xl

ご注文お待ちしています。

2023年9月16日 (土)

【Liv2024】フルモデルチェンジ AVAIL ADVANCED 2

Liv(リブ=ジャイアントが展開する女性向けブランド)の2024モデルが発表されました。

Livでもエンデュランスロードのカーボンフレームモデル「AVAIL ADVANCED(アヴェイル アドバンスド)」がフルモデルチェンジしました。

新型AVAIL ADVANCEDのなかで、もっともお求めやすいのがこのモデルです。

AVAIL ADVANCED 2

2023091504

価格:374,000円(税込)

写真のカラー:マルベリーグリッター

展示会で現物を確認してきました。

こちらもジャイアントの新型DEFY同様、スポーティな印象です。

安定して真っ直ぐ走れる特性は、ロードバイク初心者でもハンドルがフラつきにくく、安心して乗れるのではないでしょうか。

タイヤは太めの32C(32mm幅相当)で乗り心地に優れ、進みの良いチューブレスレディです。

タイヤ自体に安定感があり、見た目からも心理的な安心感が感じられると思います。

フラつかずに走れるとムダな力を使うことが減るので、結果的に疲れにくく長距離をラクにこなせます。

ただし、ロードレースイメージで「サーッ」と走りたい方にはLANGMAやENVILIVをオススメします(決してAVAIL ADVANCEDに対してネガティブな話ではありません)。

このモデルもブレーキホースとシフトケーブルはフル内装で見た目がとてもスッキリしています。

新型105機械式12速をメインコンポーネントに使用しているので、フレームもコンポも最新のものが使えます。

クランクは105ではありませんが、シマノの12速用を使用していますので、性能的には問題ないでしょう。

2023091505

専用設計のボトルケージ2つが付属するのも新型DEFY同様です。

こだわりを感じるところですが、女性モデルと思うとちょっと無骨なデザインでしょうか(個人的な印象です)。

カラーリングはフレーム下側が黒っぽい塗装です。

商品画像はこちら。

00000216_l

カラー:マルベリーグリッター

00000216_002

カラー:ケルプフォレスト

このモデルも2色展開でカラーが選べます。

ご注文受付中です。

カラーとサイズの組み合わせにより納期が異なります(2023年9月16日現在)。

詳しくはお問い合わせください。

2023年9月15日 (金)

【GIANT2024】フルモデルチェンジ DEFY ADVANCED 2

ジャイアントの2024モデルが発表され、エンデュランスロードの「DEFY(ディファイ)」がフルモデルチェンジしました。

新型DEFYのなかで、もっともお求めやすいのがこのモデルです。

DEFY ADVANCED 2

2023091501

価格:374,000円(税込)

写真のカラー:ベイリーフ

展示会で現物を確認してきました。

第一印象は「カッコよくなった!」でした。

従来モデルは、いかにも「ゆったり走ります」的なスタイルで、安心感や安定感は感じましたが、いわゆる「ロードバイク的なカッコよさ」はあまり感じられませんでした(個人の感想です)。

しかし新型は、パッと見でスポーティに見え、スピード感を感じます(これも個人の感想です)。

この「走りそうな感じ」は、初代DEFYの「TCRの快適バージョン」的なイメージに上手く戻った気がします(このへんもすべて個人が抱いていた印象です)。

見た目のスピード感はありながら、エンデュランスロードとしての特徴の「長い距離を快適に走る」性能はもちろん進化しているとのことです。

TCRのような「キビキビ感」や「かかりの良さ」などよりも「安定したハンドリング」で「ロングライドをとにかくラクにこなせる」乗り味は、多くのホビーライダーに合う気がします。

ただし、ロードレースイメージで「サーッ」と走りたい方にはTCRやPROPELをオススメします(決してDEFYに対してネガティブな話ではありません)。

2023091502

写真のカラー:タイガーレッド

このモデルは2色展開でカラーが選べます。

新型DEFYシリーズは専用設計のボトルケージ2つが付属するのが個人的にこだわりを感じるところ。

最新トレンドに則って、ブレーキホースとシフトケーブルはフル内装です。

2023091503

新型105機械式12速をメインコンポーネントに使用しているのもこのモデルの目新しいポイント。

フレームもコンポも最新のものが使えます。

クランクは105ではありませんが、シマノの12速用を使用していますので、性能的には問題ないでしょう。

ご注文受付中です。

カラーとサイズの組み合わせによっては、すでにメーカー在庫ありますので、ご注文後2週間程度でお渡しできるかと思います(2023年9月15日現在)。

商品画像はこちら。

00000025_002

カラー:ベイリーフ

00000025_l

カラー:タイガーレッド

ご注文お待ちしています。

2023年9月 2日 (土)

【Liv2024】105機械式12速 ENVILIV ADVANCED 2

Liv(リブ=ジャイアントが展開する女性向けブランド)の2024モデルが発表されました。

Livにもシマノ 105機械式12速コンポーネントを早くも採用したエアロロードがあります。

ENVILIV ADVANCED 2

2023090104

価格:418,000円(税込)

カラー:サングリア

2023モデルからお値段据え置きで12速にアップグレードされました。

展示会で現物を確認してきました。

2023090105

ちょっと渋めのカラーです。

ジャイアント プロペルの女性用(Liv)バージョンですが、ただたんにサイズを小さくしただけではありません。

Livのフレームは細かい寸法や剛性も女性が乗って最適になるようアレンジされているとのことです。

女性用モデルとして専用設計されたエアロロードはめずらしいのではないでしょうか。

2023090106

ボトルケージは専用品が2つ付属します。

エアロロードで身長145cm(参考)から乗っていただけるXXSサイズ(440mm)もご用意しています。

最新の機械式12速コンポーネントが使えます。

ご注文受付中です。

すでにメーカー在庫ありますので、ご注文後2週間程度でお渡しできるかと思います(2023年9月2日現在)。

商品画像はこちら。

00000213_l

ご注文お待ちしています。

2023年9月 1日 (金)

【GIANT2024】105機械式12速 PROPEL ADVANCED 2

ジャイアントの2024モデルが発表されました。

目玉はシマノ 105機械式12速コンポーネントを早くも採用したこのエアロロードです。

PROPEL ADVANCED 2

2023090101

価格:418,000円(税込)

カラー:ピュアレッド

2023モデルからお値段据え置きで12速にアップグレードされました。

展示会で現物を確認してきました。

発色のいい赤がとてもキレイです(個人の見解です)。

2023090102

9月1日に発表されたシマノ 105機械式12速。

プロペルの発表日はこの12速の新105に合わせられたようです。

リアディレイラーの仕上げは正直ちょっと安っぽい感じがしました(個人の見解です)。

まぁ、最廉価の12速ってことで(と言っても結構いい値段しますが)、そこはあまり気にしない、ってところでしょうか。

2023090103

クランクはDi2用で発表済みのものと共通だと思います。

フロントディレイラーは12速用の新製品ですね。

こちら側の質感はまずまずではないでしょうか。

本日9月1日よりご注文受付開始です。

すでにメーカー在庫ありますので、ご注文後2週間程度でお渡しできるかと思います(2023年9月1日現在)。

商品画像はこちら。

00000020_xl

ご注文お待ちしています。

2023年8月19日 (土)

【コレクション】前輪小径ファニーバイク その他もろもろ紹介

現在展示中の前輪小径ファニーバイク。

各部紹介の10回目はその他もろもろ=フリー、チェーン、ヘッドセット、BBです。

 

フリー

2023081705

サンツアーの7段ボスフリーです。

歯数は13-22Tでした。

ロー22Tはめずらしい気がしますが、どうしてこれがついているかは記憶がありません。

2023081706

「SUNTOUR WINNER PRO」の刻印が見えます。

「ウイナープロ」という製品があったような気がします。

 

チェーン

2023081707

インデックスシフトの変速機に合わせシマノ製です。

「DURA-ACE」「UG」「NARROW」の刻印が見えます。

デュラエースグレードのようです。

UGは何の略だか記憶がないのでネットで見たところ「ユニグライド」とのことで、当時のシマノ規格です。

当時としては薄型チェーンだったため「ナロー」なんですね。

サンツアーのフリーとの組み合わせのため、本来の性能は発揮できていないと思われますが、とりあえずインデックス変速はできます。

 

ヘッドセット

2023081708

カンパニョーロのレコードです。

当時のレコード ヘッドセットは鉄製です。

「ロード部品なら」ということでの選択です。

 

BB

2023081709

カンパニョーロのレコードです。

クランクに合わせての選択です。

当時、スーパーレコードのチタンシャフトBBもあったはずですが、それは高価ででとても手が出なかったと思います。

これで前輪小径ファニーバイクの各部紹介は終了です。

おつきあいいただきありがとうございました。

※記憶をもとに書いていますので、事実と異なる内容が含まれている可能性があります。ご了承ください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

!CYCLES Aggressive Design ASS SAVERS CADEX CHAPTER 2 Chunadon Cycle Chaps CYCLE PRO EXLUB FOURIERS FSA HIRAME IRC KASK KOKORO CARE KOOFU LEZYNE Liv LOOK Mag-on MET MOST PRO PROVIZ RIDE LIKE KING ROTOR selle italia SHAKES SIDI SILCA SOLESTAR STAGES Tacx tate Team Rough River TIFOSI TIME TOKYO BELL TOP SPEED U-LIX uvex VIVA WHEELTOP ZIPP ぷっかぁ~ アスチュート アピス イベントレポート イベント情報 インプレッション イーストン ウエイブワン エリート オルベア オージーケーカブト オーストリッチ カステリ カペルミュール カンパニョーロ ガーミン キャットアイ ギザプロダクツ クラフト クランクブラザーズ サイクルスポーツ サイクルモード サイクルロッカー サプリメント サポ サンデーライド サーモス サーヴェロ シクロワイアード シマノ ショップ情報 シルバ シーコン ジャイアント ジャイアント-アルペシン スコット スパカズ スラム ゼファール ソーヨータイヤ タイオガ ダイワボウプログレス チネリ チャレンジ デダエレメンティ デローザ トピーク ドイター ナリーニ ニチナオ ニッコー バイシクルクラブ パナレーサー パワープロダクション パークツール パールイズミ ファイントラック フィジーク フィニッシュライン フルクラム ベル ホルメンコール ポラー ポラール マルト ミシュラン メディア露出 レイザー レックマウント ワコーズ ヴィットリア ヴィプロス 店長のどーでもいい話 自転車学校 製品情報 解説